全日本大学駅伝の区間予想2

今回は、前回準優勝、箱根駅伝王者の東海大学出雲駅伝では主力の不調で4位に終わった。どこまで建て直したのか?箱根王者としての真価が問われる。

 

参考までに、前回の区間配置を見てみると、

 

1区 西川 3

2区 關 3

3区 館沢 3

4区 西田 2

5区 鬼塚 3

6区 郡司 3

7区 湊谷 4

8区 湯沢 4

 

この中で、湊谷、湯沢は卒業、館沢はエントリーから漏れた。しかし、経験者は豊富にいる。昨年の5人の他にも、前々回2区の塩澤も当時1年生ながら好走した。

 

私の予想

1区 西川 4

2区 塩澤 3

3区 阪口 4

4区 西田 3

5区 市村 2

6区 鬼塚 4

7区 小松 4

8区 名取 3

 

起用理由

西川選手は、1区の経験が豊富である。1区の走り方を知っている。出雲駅伝でも1区だった。

 

塩澤選手は、出雲駅伝3区で粘りを見せ、東洋大のエースの相澤選手にも、途中まで付いていった。東海大のエースとなり得る存在。

 

阪口選手は、今回こそ、館沢選手の代わりとして、3区のスピード区間を制して欲しい。

 

西田選手は、前回この区間2位と好走している。

 

市村選手は、スピードランナーである為、起伏の少ない5区。

 

鬼塚選手は、もし差を付けられていても追い上げる様な走りが出来る選手であるから。

 

小松選手は、箱根駅伝8区の区間新記録を達成したことから、スタミナランナーだと考えられる。よって、スタミナ区間に配置。

 

名取選手は、ハーフマラソンでの実績が素晴らしい。この前も、とある大会で優勝を果たした。昨年の湯沢選手の様な選手であると私には見える為、8区。

 

実は、關選手のファンであるので、何処かに入れたかったのだが、、、、。箱根駅伝に期待!